ピンクゼリーに副作用は無いの?

MENU

ピンクゼリーに副作用は無いの?

ピンクセリーに副作用がある?

近年巷で人気のPinkJelly。
女の子を産み分けすることができる、というその素敵な効果から、注目している人は多いことでしょう。
しかし、デリケートゾーンに使うものであることなどから、「繰り返し使ってても大丈夫なの?」という不安を抱える女性は少なくないと思います。
そこで、このページではPinkJellyと副作用について検証をしていきますね。

PinkJellyは中国産!?

ピンクゼリー失敗しない!ピンクゼリー

最近注目されている産み分けゼリーのPinkJelly。
実は中国産のものなんですね…。
そのため、「中国産は使うのが不安…」と使用をためらっている人も少なくないようです。

 

実際のところ、PinkJellyによる副作用はあるのか…?
というと、特に報告されていないと言います。
しかし、そうはいっても中国産と聞くと何かしら副作用があるんじゃ?!と疑ってしまうものですよね…。

 

万が一何かあったとしたら、赤ちゃんを産むことができなくなったりしてしまう可能性だってあるかもしれないのです。
そのような万が一の副作用のことを考えると、なかなかPinkJellyを使ってみようという気持ちにはなりにくいのも事実でしょう。

 

副作用が怖い…そんな人におすすめなのは?

ピンクゼリー失敗しない!ハローベビーゼリー

PinkJellyに感じる不安は、やはり中国産のものであるということが大きいことでしょう。
できれば外国産のものではなく、国産のものを使いたい。
国産のものなら安心して使えそう…。

 

そう思っている人にピッタリなのが、国内産の

  • ハローベビーゼリー
  • ピンクゼリー
  • ベイビーサポート

と言った産み分けゼリーです。

 

ハローベビーゼリーやピンクゼリーはデリケートな膣の中に入れるということを考えて、安全性を重視して作られている完全国内産のゼリーです。
衛生面も良し、使いやすさも良しである上に副作用の心配もないとされています。

 

何より1回だけの使いきりタイプになっているため、雑菌の心配などもありません。
商品によっては、女の子を産み分けるためのゼリーだけでなく、男の子を産み分けられるゼリーも選べます。
これも嬉しいですよね!

 

ハローベビーゼリーの公式ページへ

↓↓ ハローベビーゼリーの公式ページはこちら ↓↓ 

公式ページはこちら

ピンクゼリーの成分を徹底検証!

では、副作用の心配がないと言われている産み分けゼリーはどういった成分で出来ているのでしょうか?
飲むものではないとはいえ、その中に体に悪い成分が含まれていたらと思うと、デリケートな部分に挿入するものですから安心して使うことができませんよね…。
そこでここでは、産み分けゼリーのひとつであるピンクゼリーに含まれている成分の安全性について調べていきたいと思います!

 

ピンクゼリーに含まれる成分徹底検証!

ピンクゼリーには、グリセリン・ヒドロキシエチルセルロース・クエン酸ナトリウム・乳酸・パラオキシ安息香酸メチル・ヒアルロン酸ナトリウム・エデト酸二ナトリウムが使用されています。
これらの成分についてひとつずつ見ていきましょう。

 

グリセリン

グリセリンは、私たちの体にも存在するアルコールの一種。
化粧品や医薬品、さらには食品などにも幅広く使われています。
化粧品については主に保湿剤として使われていますが、化粧水ではなんと9割以上の製品にグリセリンが使われているようです。
グリセリンは毒性が低いので、化粧品や食品に含まれる程度であればまったく問題はないとされています。
ただ、自家製の化粧品などで濃度が高い場合は肌の水分を奪ってしまいがち。
お手製の化粧品でグリセリンを使用する場合は、お肌の乾燥に気をつけましょう。

ヒドロキシエチルセルロース

ヒドロキシエチルセルロースは、液体の粘度を調整して感触を良くする働きや、乳化安定剤、結合剤としてクリームなどに使われている成分です。
化学的に作られた合成ポリマーの一種ですが、合成ポリマーを使用すると肌に皮膜ができてしまって皮膚呼吸ができなくなる、という人もいます。
ですが、人間の皮膚呼吸の割合は呼吸の1%以下といわれています。
もしも皮膚呼吸ができなくてもそこまでの問題はなさそうです。
ただ、汗や皮脂の分泌を妨げてしまう事はあり得ます。
長時間使用するのは避けた方がいいかもしれませんね。

クエン酸ナトリウム

クエン酸ナトリウムには、化粧品などの変質・酸化を防止して固まるのを防ぐ作用があります。
また、収れん作用や保湿作用、乳化剤としての作用などもあるので、ボディーソープや化粧水・クリーム・美容液などによく使われています。
クエン酸ナトリウムは柑橘類などに含まれている有機酸。
元々食品に含まれていたものですから、安全性はかなり高いとされています。

乳酸

乳酸には保湿作用や殺菌作用、収れん作用、Ph調整作用があり、化粧品や脱毛剤などによく使われています。
生物に多く含まれている有機酸の一つで、最近では筋肉の疲労を取り除く成分としてご存知の方も多いかもしれませんね。
乳酸は元から私たちの体にも存在する成分。
ですから、こちらも安全性については問題ないと考えられています。

パラオキシ安息香酸メチル

パラオキシ安息香酸メチルは化粧品などに用いられる防腐剤であるパラベンの一種。
殺菌・防腐作用があるので、化粧品や食品によく使われています。
近年パラベンフリーの製品もたくさんあるので、「パラオキシ安息香酸メチルは体に良くないのでは?」と思っている人もいると思います。
ですが、実際に使用される量はごく微量!
心配する必要はないと言えるでしょう。

ヒアルロン酸ナトリウム

ヒアルロン酸ナトリウムは、保湿力の高い成分としてご存知の方も多いと思います。
1934年に発見されたムコ多糖類の一種で、医療分野でも多く用いられてきました。
現在では基礎化粧品やメイクアップ化粧品、ヘアケア化粧品や点眼薬にも用いられています。
大変多くの美容製品に使われている成分ですから、ほとんどの女性は知らず知らずのうちに肌に触れている可能性が高いです。
また、元々体内に存在する成分でもあるので、安全性には問題はないと言えるでしょう。

エデト酸二ナトリウム

エデト酸二ナトリウムには、金属イオンの働きを止める作用があります。
この働きによって、製品が濁ったり沈殿したりするのを防ぐことができますし、透明度を増すこともできるんです。
また、泡立ちにくい石鹸を軟化させて泡立ちを良くする働きもあります。
このエデト酸二ナトリウムは、肌への刺激はありますが有害性はほとんどありません。
ただ、アレルギーを起こしたという報告もありますから、お肌が強くない方はパッチテストを行ってみるのがいいでしょう。
金属アレルギーがある人にとっては、エデト酸二ナトリウムが入っている方が安全だったりもします。

精製水

精製水は、常水をろ過したり蒸留したりして濃度を上げた純度の高い水のこと。
減菌・殺菌されたものも含まれ、医療や工業に用いられるものが多いそうです。

 

いかがでしょうか?
ピンクゼリーに使用されている成分は、純粋なものばかり。
本当に人体に有害なものはないんですね!
すべての成分がしっかりと公開されているのは、ユーザーにとって嬉しいことですね。

 

ピンクゼリーの公式ページへ

ピンクゼリーの公式ページはこちら

↑↑【ピンクゼリー】の公式ページはこちら↑↑

副作用や衛生面での安全性を考えるのであれば、産み分けゼリーのなかでは

を選ぶのがおすすめです♪